読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしの犬入門

一人暮らしで犬を飼いたい人の参考ブログになれたらいいな。現在子犬とうさぎがいて、フルタイムで働いてます。めちゃめちゃ忙しくなりました。

トレーナーと事前打ち合わせ

先日、トレーナーと子犬を迎える事前打ち合わせをしました!

何を打ち合わせしたかというと、 ①環境チェック ②トイレ ③長時間の留守番対策

特にトイレについては念入りに聞いとかねば‼

一先ず最初に付きっきりでいてあげられる6日間が勝負! その期間にいかに失敗させないかが重要だそうで。 タイミングを逃さずトイレに連れてってあげれば、早い子は数日間で覚えてしまうそう。

ただ仕事が始まってしまったら… トレーナー「もう運に任せるしかないですね」

そうですよねぇ…

でもそこで覚えられなかったとしても、トイレを留守番の間中、我慢できるようになったときに、もう一回躾のチャンスが来るそう!

後は食事の時間について。 パピーは本当は5回ぐらいに分けてあげるほうが、胃腸に負担がかからないそうで、1日3回でいいと思ってた私は甘かった(–;) (欲をいうと最初は全部手からあげたほうがいいらしい)

なので、一食分をふやかしてコングに詰めることにしようかと。そしたらちょっとずつ食べれるし、留守番中も夢中になってくれそう!

環境チェックは、まぁサークルの広さの目安は教えてもらったのでいいとして…

トレーナー「いたずらは絶対にします。噛まれたら困るものはしまっといてください。家具は覚悟してください」

ええー!そりゃ困る… 私はこれでもこつこつとと家具を揃えてきて、どれもお気に入りばかり。

私「サークルから出すときは見てますが、それでもかじられますか?」

トレーナー「うーん、かじりそうになったら物理的に離してください。一年間かじらなかったものは以降もかじらないので。角やテーブルの脚が好きなんですよね。フェンスなんかで囲っといたほうがいいかと。ラブなんかは一本確実にダメになりますから」

あと、やはりフローリングは何か滑らないものを上に敷いたほうがいいとのこと。

そして、一人暮らしには避けられない長時間の留守番については、 トレーナー「最短で10時間といってもだいたい半日はいないですよね。食事が心配ですね。トイレはその間見てあげれないし。まぁ、食事は私があげにきますんで、また迎えたときにどんな子か実際みてみましょう…。後は休日に構いすぎないように。」

いやー、休日ついつい構っちゃいそう! でも分離不安にならないためには、休日に構いすぎるとダメみたい。

他にもいろいろアドバイスがありましたが、割愛します。

最初慣れるまでは私もワンコも大変ですね。

まぁ、あまり気負わず(既に十分気負ってる)迎えたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬と一人暮らしへ
にほんブログ村